2017年9月 7日 (木)

退院おめでとう!

ヨー子です

今年の夏は大変だった。

義母が骨折手術のリハビリ入院中に、
主人が 心筋梗塞を起し 緊急入院、手術となった。
幸いすぐに救急車を呼んだのでまったく後遺症もなく
3週間程で退院した。

ゴルフ仲間に連絡すると皆、絶句していた。
そうだよなあ~
主人は仲間の中で ただ一人、薬を飲んでおらず、
スキー、ゴルフ、野菜作りが趣味、
たばこも 酒も 飲まず、
血圧は いつも110/70 位を キープしており、
皆に感心されていたのだから。。。。
結局、思い当たるのは 水を飲んでいなかった事。
汗かきなのに私より少なかった。
主人の抜けたゴルフコンペでは、「水を飲みましょう~」が
合言葉になったらしく、
皆、水分補給に気を付けるようになったそうだ。。。。


と、こんな出来事があったので
入院中の義母には
「夏風邪をひいて、熱が出て、うつしてはいけない ので
しばらく見舞いには来られない」  
私はをついた。 

退院してから、3週間ぶりに主人が見舞いに行くと
義母は
「あら、1週間ぶりだねえ~、もう風邪は治ったのかい?」と言った。

心の中で 思いっきり こけた

「なんかあったのかい?」と いつか 追及されのではないかと
ハラハラしていたのに。。。。

そして、年を取るのも 悪くないかも。。。と思った。
義母は3週間を1週間と思い
素直に 風邪をひいたと信じて余計な心配をせずに待っていた。
なんと幸せなことか。
そして、それを聞いた私たちは笑っちゃった。

今日、義母もリハビリを終え無事に退院しました。
とっても元気で
手術をした医者も
94歳でこんなに元気になれた人もめずらしいと褒められたとか。

お義母さんも主人も良かったねえ~

  (私はとっても疲れたよ。。。。。 ┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~ )

2017年6月10日 (土)

ねこ科 岩合光昭の写真展へ

ヨー子です。

先月、犬派の二人が 猫派二人を誘って
芸術の森で開催されている岩合さんの野外写真展に行ってきました。

       P5310615

実はこの企画は 犬派の私にとっては口実。
もちろん、岩合さんのTV番組「猫歩き」をいつも見ているファンなのですが
体力不足で将来が不安になってきたので
これからも元気に集まることが出来るようにと考えたのです。

少し、方向転換をして 健康志向に切り替える実験をしてみました。
若い時は 子供たちが学校に行っている間に
スキーに行ったり サイクリングや ドライブしたりと 行動派だったのに
気がつけば 最近は食べることと おしゃべりばかり。。。
もちろん、今回もランチ付きですが。。。

芸術の森の野外美術館は
起伏のあるゆるやかな丘を登ったり下ったりして彫刻などを
鑑賞できるのです。

        Photo
           ねこ科の野生がこの場所にぴったりです。

                           Photo_2
              ねこも生き生き ですねえ~

                 Photo_3
                    福田繁雄 椅子になって休もう の前で 


先月 いきなり夏ーーー
みたいな日に全員スニーカー履いて 歩くぞー
熱射病にならないように 冷たいお茶も持ちました。

鑑賞の後は少し車で戻って 「ヴィーニュ」 にて 
パスタとピザをランチセットにして 少しだけ豪華に

でも、 やっぱり、ちょっと疲れたわ~~
だって、すごく暑かったんだもの~

でも、後の調査では とても好評で
また、違う所へ行きましょうということに。
う~ん、今度は百合が原公園か
すずらん丘陵公園か モエレ沼公園あたりがいいかなあ~~

楽しみ。。。

2017年5月27日 (土)

お義母さんが転んだ!

ヨー子です。

主人の母は94歳になります。
数年まえから 転ぶことが多くなって 腰の圧迫骨折を2回して、
最近 その痛みもやっと取れてきて 活動的になっていたところでした。
「動けるのは良いことだけど 気をつけてね」 と言っていたところでした。

連休の最後の日に とうとうやってしまいました。
大腿骨の付け根です。
すぐ手術して 今は歩行練習も順調。

こういう時って
環境の変化や 病気になって気弱になり
認知症になってしまうことがよくあります。

義母にとっては 初めての入院と手術。
「いや~、この年になって 入院することになるとは思わなかった~」と
嘆いていたが、
「その年になったからですよ~」 と 主人と秘かに話していた。
でも、とっても元気。
「食事が美味しくない」 「お肉ばっかり」 「牛乳飲みたくない」と言うので
こっそり 梅干しと小さい切り身のお魚を主人が行くときに持たせたら
喜んでいたとか。
みかんの缶詰も。。。
こういう時は やっぱりみかんの缶詰が食べたくなるんだなあ~~
不思議。。。。

来週からは 杖での歩行練習が始まるとか。
もうそろそろ 入院生活に嫌気が差してきたみたいで
今日は表情に元気がなかった。

もう少しだから、がんばってねえ~~

P5050459
            
     花見に行きました。P5050450





2017年5月 3日 (水)

えこりん村 

ヨー子です。

  P5020431 アルパカさん

先日、10年ぶりに恵庭の えこりん村 に行ってきました。
ドッグレース  ならず ひつじレース
牧羊犬(ボーダーコリー)が ひつじの群れを
ハンドラーの掛け声や笛の音で忠実にリードするのをみてきました。


   Photo 
        がんばれー がんばれー


        Photo_2
                春なので子ひつじがたくさん。。。

お花は季節が早かったのでこれからという感じでしたが
とまとの森 の トマトはすごかった。
2013年に世界一大きなトマトの木 として認定され
昨年11月に 種から育てたトマトは こんなに大きくなってました。
思わず手を伸ばして採って食べてみたくなります。


Photo_3


聞くと 水耕栽培ですが 特別なことをしているわけではなくて
家庭でも使うような液肥と井戸水と温度管理でこんなになるのです。

それから
ビュッフェレストランの野菜とハンバーグとソーセージが美味しかった。。。










2017年4月29日 (土)

カタクリの花

ヨー子です

天気が良かったので、
カタクリの花を 見るため
花魁渕(おいらんぶち)から登って 
真駒内公園へ下りて行きました。

蕾は沢山ありましたが、まだまだ早かったようです。
いつもより、ずいぶん遅いようだな~。


    Photo カタクリの花

            Photo_2 福寿草

  P4290426 
 
   真駒内公園はまだ淋しいけれど 散歩する人 走っている人
   いっぱいでした。
   今度は桜を 探しに行こうー

2017年4月25日 (火)

はじめまして

ヨー子です

      
P4160316


初孫です。
エータと言います。
息子の子です。

色々な困難を乗りこえ
やっと、生まれてきました。

ママは ちょっと大変な思いをしたけれど とてもがんばりました。
出血が多くて 貧血の注射をしていたけれど
無事に予定通りに退院できました。

エータも新生児黄疸になったけれど 軽くて大丈夫でした。

     
P4160321

 P4160323

息子が 私の方をみて 
「子供を産むって大変だね」 と ポツリと言いました。

子供の顔を見る 眩しそうな笑顔は
もう 親の顔になっているね。

おめでとう

  
P4240390 定山渓の鯉のぼり

           P4240359 庭のクロッカス


 やっと函館 松前に桜前線が上陸しました。 (* ̄ー ̄*)

2017年3月30日 (木)

亡き母の気がかり

ヨー子です。

生みの母が私に残してくれた掛け軸がある。
ミシン刺繍を趣味としていたので
ある人の和歌を選んで、自分で 刺繍の掛け軸を作ったのだ。


      「如何ならむ 事も 耐えてさりげなく
             微笑み あしらう 人となれかし」


母から譲り受けた時は 何とも思わなかったが、
亡くなってから 何年もたってから、
これは私のことを言っていたのだ と 気がついた。

まだ、幼な児であった私を 泣く泣く 義理の弟夫婦に
養子に出した時の様子を 年上の従妹から 聞いている。

その私が 何も言わず、いつも微笑んでいたことに気がついていたのだ。

私は特に我慢している自覚はなかったが、
かと言ってそのことを問いただす事もせず、いつも、静かな娘だった。

今、考えれば、二人の母の間で、そうするしか すべはなかったのである。

母もまた、見守るしかなかったのであろう。

息をひきとる前に 自分で酸素マスクを外し
苦しい息で 「ごめんね~ごめんね~」と 言ったのが最後だった。

私に謝らなくても良かったのに。。。
母もまた心に抱えていたのだなあ~と思う。

もっと、たくさん話してみればよかったなあ。

いや、きっと 母は私と もっと話がしたかったのだろう と

今さら 思うのである。

 
Photo

 Photo_2

 Photo_3
 
 お父さんと散歩 「待ってよう~~」
  
    もう、大分雪は解けました。
    3月の半ばの頃はこんなにあったけど。。。。

2017年3月 3日 (金)

ふ つ う

気が付いたら もう三月になっていました。

あっ! ヨー子です。
ひな祭りなのに 今年は な~んにも しなかったわ~。
な~んか そんな気分になれなかったんだわ。

色んなことに 手を出してしまって やることがいっぱいなのだ。
今年の目標は 着物をたくさん着ること。
母の残した着物を 手直しするのが大変です。
着付け教室も通っています。

月に3~4回の特別養護老人施設に訪問してお話を聴くボランティアも
もう、3年目に入りました。
一人での活動ですが、最近はスタッフの方にも 顔を覚えてもらえて
皆に挨拶され 緊張よりも 楽しみのほうを多く感じるようになりました。
ザッと数えても とうに100人以上の方の お話を聴いたことになります。
これは、出来る限り続けていくつもり。
私の手を握って「また来てね。」って言われたらねえ~。


ところで、夫の冬季限定の ボランティアは 終了しました。
中学校のスキー学習の お手伝いをして もう4回目の冬なのです。
私も、久しぶりの お弁当作りに 張り切ってしまいます。

帰宅した夫から ”本日の事件” を聞くのが楽しみなのです。
プロ並みの子がいて 先生より上手だったり、
泣き出す子がいたり、
去年のスキー靴にもう足が入らないとか、
極め付きは 転んだまま動かないので
「骨折したか~」と汗をかきかき上まで登って行ったら
ただ、起き上がれなくて、もがいていただけー とか
いつも、傑作です。
今年も大きな問題も起きず良かったねえ~と
二人でほっとしています。 


ある日のスキー場の ゴンドラの中での会話です。

夫    「どこの中学?」
女生徒 「高校生です。」
夫    「あ~ごめん。どこの高校?」
女生徒 「○○高校です。」
    「おじさんの子の後輩だね。」
女生徒 「え~そうなんですか~。
        今、どんな人生送っていますか?」

夫    「う~ん、普通にちゃんと働いて普通に暮らしているよ。」

    
ちょっと、考えてから。


女生徒 「そうですかあ~。普通が一番いいことですよね~」
    
     
と、微笑んだとか。。。。


きっと、年頃だから、将来の事を考えて色々悩んでいるのかなあ~~
夫のコメント それで良かったのかなあ~ 

もっと、やる気の出る表現のほうが良かったんじゃあないかなあ~ 


Photo  Photo_2
  ちょっと遅い話題ですが 今年の雪まつりの作品です。

2017年1月 7日 (土)

明けましておめでとうございます

           Photo

 クッキーです。
今年もよろしくお願いします。m(_ _)m

今年のお正月は おにいちゃん達も おねえちゃんも来たし
あとから 外国のお友達も来たし
にぎやかでした。

元旦は お酒を飲んで寝正月


Photo_3

2日は蟹 
おいしそうだったなあ~僕も食べたかった~ 


       Photo_5
         大変 蟹に襲われてる~~~


             Photo_2
おねえちゃんは 久しぶりにお母さんに着物を着せてもらいました。
お母さんは何故か、 怒っていました。
「なんで、私の着物なのに私より似合っているんだ  と。。。。。

変なお母さんです。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

お母さんも着物を着て 割烹着というエプロンをつけたら
「昭和のお母さんみたい~」 と自分で言ってました。


      Kimono
        フィリピンのお友達の着物姿 (なかなか似合ってるねえ)

お父さんとスキーに行ったり (僕はスキーは出来ません)
ホテルにお食事に行ったりと(僕はお留守番でした)
楽しいお正月になりました。(人が沢山来たら僕はうれしい~~)


今年は良いことが沢山ありますように。。。。。。  

2016年12月24日 (土)

雪はもういらない!

ヨー子です。

2日間、ず~~~っと 降っていました。
そうです。雪が。。。

雪かきが終わって ヤレヤレと 思って振り返ると
もう積もってる。ア~ 無力感。。。
なんたって 96㌢ 50年振り ですもんね。

クリスマスに雪がないと寂しいから
「少し降ってほしいなあ~」 と 思うのが例年です。
やりすぎですよ~。こんなに望んだつもりでは。。。。
お正月は穏やかに過ごしたいです。

呆れるしかないので、雪像作りしました。
いや、ただ目と鼻を付けた だけですけど。。。


       Photo

大通り公園で 開催されている
イルミネーションと ミュンヘンクリスマス市を 
見に行く予定でしたが 国道が大渋滞で やめました。
これは 始まって間もなくの時の 写真です。


Photo_2

       Photo_3

             Photo_4

                     Photo_5

«また、大雪